潰瘍性大腸炎患者とコロナワクチン

みそじ男

みそじ男
ついにコロナワクチン摂取がスタートしたね。

ぴーちゃん

ぴーちゃん
潰瘍性大腸炎患者が気をつけるべきポイントはなにかあるッピか?

ついに始まったコロナワクチン接種。潰瘍性大腸炎患者のみなさんは早く接種したい派ですか?慎重派ですか?

お医者様に聞いた話ではなく、ネットで調べた話なので、参考までに見ておいてほしいです。詳しくは担当のお医者様に聞いてくださいね。

潰瘍性大腸炎患者はコロナワクチンを優先的に摂取できるのか

一番最初に気になるのは、免疫抑制系の治療を受けている潰瘍性大腸炎患者は優先的にコロナワクチンを摂取できるか?という話だと思います。

以前もエントリーしましたが、

潰瘍性大腸炎患者とコロナの関係・リスクについて

免疫抑制を伴う治療をしている潰瘍性大腸炎患者は、コロナのリスクが通常の人よりも高いと考えられます。

となると、他の人よりも早く潰瘍性大腸炎患者はコロナワクチンを摂取するべきと考えるのが普通です。そう思って調べてみると、すでに国が動いていました。

厚生科学審議会 新型コロナウイルスワクチン接種に関する提言

こちらの内容がとても参考になりました。

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000711250.pdf

新型コロナウイルスワクチン接種に関する提言
8-4. 消化器疾患(肝硬変を除く)
最優先対象基準 :
下記の①から②のいずれかに該当する者
① 消化器癌の担癌患者および切除後の患者(8-1.悪性腫瘍を参照)
② 肝移植後の患者(4.肝機能障害を参照)
ただし、全身状態が著しく不良でワクチン接種が困難な者や、免疫不全状態でワクチン接種の効
果が期待できない者はワクチン接種対象者とならない。
優先対象基準:上記の優先患者の次に接種対象者となる消化器疾患の基準を以下に示す。
下記の③から⑦のいずれかに該当する者
炎症性腸疾患患者(潰瘍性大腸炎、クローン病、ベーチェット病)のうち、免疫抑制を伴う治療
(免疫抑制剤、副腎皮質ステロイドホルモン、分子標的薬)を受けているもしくは受ける予定の者

こちらは提言書のようなので、実行されていないように思いますが、潰瘍性大腸炎患者がコロナワクチンを早めに摂取するというのはすでに検討されているようです。

免疫抑制剤を使っており、免疫力が低下している場合、通所の人よりコロナのリスクは高いですからね・・・。

みそじ男は免疫抑制剤までは使っていないのですが、他の潰瘍性大腸炎患者のためにもこちらの提言が実現されることを願っています。

 

コロナワクチンは潰瘍性大腸炎患者にとってリスクがあるか

こちらはネットで探しましたが、とくにコロナワクチンを摂取することが、潰瘍性大腸炎患者だけに不利に働くという内容は見つけることができませんでした(コロナワクチンそのものについての記事はたくさんありますが・・・)

なので、コロナワクチンの摂取自体に関しては、健常者の方も、潰瘍性大腸炎患者の方も、リスクはあまり変わらないと考えられます

※あくまでみそじ男の見解ですので、主治医の意見を是非聞いてみてください。みそじ男も定期検診の際には聞いてみたいと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?新型コロナウイルスワクチンと潰瘍性大腸炎患者について最新の情報を共有しました。

いずれにしても、外出を控えて、コロナにかからないようリスクを減らすことが大切ですよね。

アリーヴェデルチ(さよならだ!)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

潰瘍性大腸炎患者がリアルダとAGAの薬を併用して3ヶ月たったけどどうなのか

潰瘍性大腸炎患者が就職・転職するなら その3 ~OpenWorkをフル活用しよう...

医療制度

※2020年7月更新【解体新書】潰瘍性大腸炎患者は団信(団体信用生命保険)に加入...

右肩上がり

潰瘍性大腸炎患者が通った住宅ローンのその後について語るよ

図面

潰瘍性大腸炎患者、家を買う その1 ~条件を決めよう~

ストレス女性

潰瘍性大腸炎の方へオススメ ストレスを溜めない仕事の仕方