潰瘍性大腸炎患者 2021年 新年の挨拶

みそじ男

みそじ男
2020年もお世話になりました!

ぴーちゃん

ぴーちゃん
2021年もよろしくお願いするッピ!全ての潰瘍性大腸炎患者に幸あれッピ!

激動の2020年が終わりましたね。潰瘍性大腸炎患者の方のなかには、免疫抑制剤(レミケード、ヒュミラ、エンタイビオ、シンポニー、イムラン、アザニン、ステラーラ、ゼルヤンツなど)を服用している方もおり、不安な中過ごされた1年だったかと思います。

みそじ男は潰瘍性大腸炎の中でも現在は寛解期にあり、5-ASA(アミノサリチル酸)系統の薬を服用(ペンタサ、アサコール、リアルダなどのことです)しているので、副腎皮質ステロイド剤服用の方や、免疫調整剤を服用している方と比べるとリスクは少なく過ごすことができました。ただ、いつ潰瘍性大腸炎が再発するかはわかりませんので、コロナにかからないように気をつけて日々生活をしていたことには変わりありません。

引き続き、コロナは続き、緊急事態宣言がまた発動するかもしれないなんてニュースも流れており、2021年も引き続き潰瘍性大腸炎患者にとっては落ち着かない1年になってしまいそうです。

少しでも多くの潰瘍性大腸炎患者の方が、安心して安全に暮らせるよう、有益な情報をお届けしたいと思っていますので、2021年もどうぞよろしくお願いします!

Happy new year & アリーヴェデルチ(さよならだ!)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

落とし穴

潰瘍性大腸炎患者を部下に持つときに気をつけるべきマネジメントの4つの罠

医療制度

潰瘍性大腸炎になったとき難病医療助成制度を申請すべきか

就活

人事・経営者からみた潰瘍性大腸炎の就活生※2022年5月更新

久しぶりに血便が・・・潰瘍性大腸炎が原因か、ただの切れ痔か・・・リモートワークが...

withコロナ時代に潰瘍性大腸炎患者がリモートワークで陥る4つの罠

怒り

潰瘍性大腸炎患者が働く上で困る6つのこと