潰瘍性大腸炎患者 2021年 新年の挨拶

みそじ男

みそじ男
2020年もお世話になりました!

ぴーちゃん

ぴーちゃん
2021年もよろしくお願いするッピ!全ての潰瘍性大腸炎患者に幸あれッピ!

激動の2020年が終わりましたね。潰瘍性大腸炎患者の方のなかには、免疫抑制剤(レミケード、ヒュミラ、エンタイビオ、シンポニー、イムラン、アザニン、ステラーラ、ゼルヤンツなど)を服用している方もおり、不安な中過ごされた1年だったかと思います。

みそじ男は潰瘍性大腸炎の中でも現在は寛解期にあり、5-ASA(アミノサリチル酸)系統の薬を服用(ペンタサ、アサコール、リアルダなどのことです)しているので、副腎皮質ステロイド剤服用の方や、免疫調整剤を服用している方と比べるとリスクは少なく過ごすことができました。ただ、いつ潰瘍性大腸炎が再発するかはわかりませんので、コロナにかからないように気をつけて日々生活をしていたことには変わりありません。

引き続き、コロナは続き、緊急事態宣言がまた発動するかもしれないなんてニュースも流れており、2021年も引き続き潰瘍性大腸炎患者にとっては落ち着かない1年になってしまいそうです。

少しでも多くの潰瘍性大腸炎患者の方が、安心して安全に暮らせるよう、有益な情報をお届けしたいと思っていますので、2021年もどうぞよろしくお願いします!

Happy new year & アリーヴェデルチ(さよならだ!)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保険説明の女性

潰瘍性大腸炎患者が転職するなら その1 ~会社選びの軸を考えてみよう~ 

サイバーエージェント社がコロナでも潰瘍性大腸炎患者に働きやすい働き方を公表してた...

安倍総理大臣の潰瘍性大腸炎について潰瘍性大腸炎経営者が思うこと

潰瘍性大腸炎患者がリアルダとAGAの薬を併用して3ヶ月たったけどどうなのか

医療制度

潰瘍性大腸炎になったとき難病医療助成制度を申請すべきか

硬い椅子に長時間座ることは潰瘍性大腸炎に影響を及ぼすのか