潰瘍性大腸炎患者でもトライアスロンはできるのか?

みそじ男

みそじ男
潰瘍性大腸炎患者でも元気にスポーツできることを証明したい!

ぴーちゃん

ぴーちゃん
それでトライアスロンを選ぶのはまた極端ッピね。

みそじ男は、会社経営もしていますが、潰瘍性大腸炎でも元気に趣味にも没頭できることを証明したく、トライアスロンをスタートしました。レースはこれからですが、レポートしていけたら幸いです。

トライアスロンとは

みそじ男も知りませんでしたが、トライアスロンは様々な距離があります。
オリンピックディスタンス、ミドル、ロング・・・
種目は全て一緒で、スイム→バイク→ランの順番です。

今回、みそじ男は一番短い、オリンピックディスタンスに参加します。

オリンピックディスタンス

スイム:1.5km
バイク:40km
ラン:10km

2000年のシドニーオリンピックから種目として採択されたので、こう呼ばれています。総距離をとって別名51.5とも。

ミドルディスタンス

スイム:2-3km
バイク:60-90km
ラン:20km

ロングディスタンス

スイム:3km以上
バイク:100km以上
ラン:30km以上

アイアンマン

スイム:3.8km
バイク:180km
ラン:42.195km

 

今の所分かっている潰瘍性大腸炎リスク

スイムとバイクは一定のリスクがあると感じています。

潰瘍性大腸炎患者にとってのスイムリスク

お腹が冷える、これに尽きるでしょう。
実際に、みそじ男は練習中、お腹が痛くなってしまったことがありました。そうなるとレースはリタイアするしかないですよね。

できるだけ、お酒や消化の悪いものは控え、寛解期にあるときにチャレンジするしかないでしょう。

潰瘍性大腸炎患者にとってのバイクリスク

直腸型の潰瘍性大腸炎の場合は結構なリスクがあると思います。長時間ロードバイクに乗っているととにかくお尻が痛い。みそじ男は早速イボのようなものができてしまい、便をするときにお尻が痛いです。直腸あたりには一定のダメージがあるのでは?と思っています。

またバイク中に水分補給をしますが、それによってお腹が冷えることも。これも気をつけないといけないですね。

 

まとめ

いまは練習中ですが、本番に参加したらまたレポートしたいと思います。

 

アリーヴェデルチ(さよならだ!)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

withコロナ時代に潰瘍性大腸炎患者がリモートワークをするべき4つの理由

潰瘍性大腸炎は完治するのか

ミヤリサン3

潰瘍性大腸炎患者でプロゴルファーの重永亜斗夢氏が服用していたミヤリサンを検証して...

保険と家

潰瘍性大腸炎患者でも団信(団体信用生命保険)に加入できるのか その2

申し込み

潰瘍性大腸炎(UC)だからといって、ワイド団信付き住宅ローンを安易に申し込んでは...

自己紹介と本ブログについて