【ランキング】潰瘍性大腸炎患者でも飲めるノンアルコールビール※2018年9月更新

ブローリー プレミアムラガー

みそじ男

みそじ男
お酒が飲みたい、お酒が飲みたい、お酒が飲みたい・・・だけど飲むと潰瘍性大腸炎が悪化する・・・でも飲みたい・・・

ぴーちゃん

ぴーちゃん
仕方ないッピね。ノンアルコールビールを片っ端から飲んで、一番美味しいものを紹介するッピ!

潰瘍性大腸炎患者にとってアルコールは症状を悪化させる恐れがあるため、あまり摂取しないほうが良いと言われています。みそじ男も主治医からは『お酒は基本的に飲まないほうが良い。我慢してストレスになるくらいなら飲んでもいいけど、それでもビールなら1杯まで。同量の水で薄めてね。』と指示されています。でも、やっぱりビール飲みたいですよね。でもノンアルコールビールは美味しくない。。。

そこで、本エントリーではどのノンアルコールビールが一番美味しいのかを徹底的に調査することにしました。完全にみそじ男の主観ですので、参考程度に御覧ください!

ノンアルコールビールランキング(2018年9月時点)

前提:日本と海外の違い

日本のノンアルコールビールと海外のノンアルコールビールとでは全く製法が違うようです。細かなうんちくは不要だと思うので割愛しますが、簡単に言うと、

日本のノンアルコールビールは《麦芽ジュース》

海外のノンアルコールビールは《脱アルコールビール》

なんです。脱アルコールビールというのは、あくまでイメージになりますが、一度ビールを作ってから、アルコールを除去するようなイメージです。なので味がとてもビールに近い。だから、ランキングも海外のノンアルコールビールの方が上位にきています。

 

第1位 ブローリー 《プレミアムラガー》※注意アルコール0.9%未満

みそじ男

みそじ男
アルコールちょっと入ってるけど、本当に美味しい!!!

これはっ・・・!ほぼビール!とはいってもアルコール0.9%入ってますからね。
色はビールよりも濃いのですが、味は本物のビールに比べて、苦味もコクもやや物足りないです。低カロリー・低プリン体としては十分な味。でも本当に美味しい。潰瘍性大腸炎患者が飲むべきノンアルコールビールはこれで決定!みそじ男も箱買いしてます。

ブローリー《プレミアムラガー》
麦芽とホップだけを使用し、ビールそのものの爽快な味わいを実現したローアルコールビール。原産国はオーストラリア。アルコール分0.9%以下。

アルコール度数:0.9%以下/カロリー: 15kcal(100ml当たり)/糖質:2.5g(100ml当たり)/ プリン体1mg以下

総合評価 80/100点
喉越し 80/100点
苦味 70/100点
コク 80/100点

 

 

 

ちなみに本当に美味しいので、ほかにも写真を追加。

普通のスーパーでは売っていないので、amazonなどで購入することをオススメします。重くないですしね。

 

 

 

第2位 アメリカのビール 《TEXAS SELECT》※注意アルコール0.5%未満

Made in USAの低カロリー ローアルコールビールです。キャッチコピーは『No Fat! No Cholesterol!』 麦芽、コーンシロップ、ポップが原材料。缶のラベルから輸入缶感が漂います。

アメリカのビール 《TEXAS SELECT》
見た目の色通り、さっぱりとした味わい。全体的に薄味ですが、麦の味わいがあって、ふつうに美味しい。0.5%アルコールが入ってるからか、ビールっぽい感じです!スーパーでは買えないレアさが残念。。

アルコール度数:0.5%未満/カロリー: 16.1kcal(100ml当たり)/炭水化物:3.4g(100ml当たり)

総合評価 65/100点
喉越し 70/100点
苦味 70/100点
コク 60/100点

 

 

 

 

 

第3位 日本ビール株式会社《龍馬1865》

ドイツ麦芽100%、プリン体ゼロ、添加物ゼロが売りのノンアルコールビール。『まさにビールを飲むが如し』というキャッチコピーは期待を膨らませてくれます。添加物なしのノンアルコールビールは珍しいですね。

日本ビール株式会社《龍馬1865》
ノンアルコールビール特有の鉄っぽい味はせず、わりとビールに近い味。とくにコクや苦味はビールに近い。カロリーは多少ありますが、普通のビールに比べたら全然気にならないです。一方で匂いは不思議な匂い。焼き芋のような匂いで、みそじ男はあまり好きではない匂いでした。

アルコール度数:0.00%/カロリー: 12kcal(100ml当たり)/糖質:2.9g(100ml当たり)

総合評価 60/100点
喉越し 60/100点
苦味 70/100点
コク 60/100点

 

 

 

 

 

第4位 ドイツ 《ヴェリタスブロイ》

脱アルコールビールという、通常のビールと同じ原料・材料で作られたノンアルコールビール。日本ではこの製造方法が認められていないので、輸入ものになります。カロリーはありますが、脂質・コレステロールは0gです。

ドイツ 《ヴェリタスブロイ》
流石脱アルコールビール。国産のノンアルコールビールと異なり、かなりビールっぽい味です。特に苦味とコクはビールに近い!ただ、海外ノンアルコールビール特有の、芋っぽい香りが苦手な人は嫌いかもしれません。

アルコール度数:0.00%/カロリー: 12kcal(100ml当たり)/炭水化物:2.6g(100ml当たり)

総合評価 60/100点
喉越し 50/100点
苦味 70/100点
コク 60/100点

 

 

 

 

 

第5位 サッポロ 《プレミアムアルコールフリー》

サッポロが出したノンアルコールビールのプレミアム商品。麦芽、ポップをベースにしており、カロリーオフや糖質オフではない商品。

サッポロ 《プレミアムアルコールフリー》
カロリーや糖質が一定あるからか、ビールのようなコクがあり、大手メーカーから出されているノンアルコールビールとしては美味しい部類に入りますね。ノンアルコールビール特有の鉄っぽい味はありません。手に入れやすさも含めたら、かなり評価できるノンアルコールビールです!

アルコール度数:0.00%/カロリー: 0kcal(100ml当たり)/糖質:0g(100ml当たり)

総合評価 50/100点
喉越し 50/100点
苦味 40/100点
コク 60/100点

 

 

 

 

 

第6位 アサヒ《ドライゼロ》

「目指したものは、最もビールに近い味」をコンセプトとして開発されたアサヒのノンアルコールビール。一定期間ではありますが、日本で最も販売されたノンアルコールビールと謳っています。カロリーも糖質もゼロです。

アサヒ《ドライゼロ》
アサヒスーパードライを彷彿させるアサヒのドライゼロ。スーパーでもコンビニでも飲食店でも見かけるポピュラーなノンアルコールビール。ノンアルコールビール特有の鉄っぽい味はしますが、他のノンアルコールビールよりはコクがあるように感じます。

アルコール度数:0.00%/カロリー: 0kcal(100ml当たり)/糖質:0g(100ml当たり)

総合評価 45/100点
喉越し 50/100点
苦味 40/100点
コク 50/100点

 

 

 

 

 

第7位(同率) サッポロ 《麦のくつろぎ》

サッポロが出したカロリーゼロ、糖類ゼロ、プリン体ゼロのノンアルコールビール。『フルーティーな香り、麦の味わい』がキャッチコピー。

サッポロ 《麦のくつろぎ》
キャッチコピーにある通り、とてもフルーティーで、他のノンアルコールビールとはだいぶ違う味わいです。ホワイトビールに近い感じです。みそじ男は割と好きな味です!この味でカロリーゼロ、糖類ゼロ、プリン体ゼロはいいですねー。

アルコール度数:0.00%/カロリー: 0kcal(100ml当たり)/糖類:0.6g、糖質0g(100ml当たり)

総合評価 45/100点
喉越し 40/100点
苦味 50/100点
コク 50/100点

 

 

 

 

 

第7位(同率) キリン 《零ICHI(ゼロイチ)》

一番搾り製法で作ったキリンのノンアルコールビール。

キリン 《零ICHI(ゼロイチ)》
一般スーパーで買えるノンアルコールビールの中では美味しい部類に入るのが零ICHI。なんとなく後味にビールの麦の風味を感じます。またノンアルコールビール特有の鉄の味もしません。

アルコール度数:0.00%/カロリー: 0kcal(100ml当たり)/糖質:0g(100ml当たり)

総合評価 45/100点
喉越し 50/100点
苦味 50/100点
コク 40/100点

 

 

 

 

 

第9位(同率)キリン 《パーフェクトフリー》

「脂肪の吸収を抑える糖の吸収をおだやかにする」機能性表示食品界のノンアルコールビール代表選手。

キリン 《パーフェクトフリー》
機能性表示食品系ノンアルコールビールとして、よくスーパーで見かけますね。ついつい買ってしまいます。苦味があるので、なんとなくビールっぽさがあります。喉越しやコクはあまりないです。

アルコール度数:0.00%/カロリー: 0kcal(100ml当たり)/糖質:0g(100ml当たり)

総合評価 40/100点
喉越し 30/100点
苦味 50/100点
コク 30/100点

 

 

 

 

 

第9位(同率) サントリー 《オールフリー》

アルコール度数0%、カロリー0、糖質0。麦汁をベースに、アルコールを生成しない製法を採用しているらしい。飲食店で置いてあるノンアルコールビールの代表選手。

サントリー 《オールフリー》
最早飲みすぎてて、慣れてきていますが、ここはあえて初心に戻って評価を。フルーティーな感じで割と美味しく飲める。ビール感はあまりない。やや酸味があるようにも感じます。※ビールとしてではなく、全く別の飲物としては美味しいですね。

アルコール度数:0.00%/カロリー: 0kcal(100ml当たり)/糖質:0g(100ml当たり)

総合評価 40/100点
喉越し 40/100点
苦味 30/100点
コク 40/100点

 

 

 

 

 

第9位(同率) アサヒ《ヘルシースタイル》

「食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする」特定保健用食品界のノンアルコールビール代表選手。

アサヒ《ヘルシースタイル》
金のラベルに、食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにするの文字。ついつい手を伸ばしたくなるアサヒヘルシースタイル。味はもう一つで、ノンアルコールビール特有の鉄っぽい味が強い。

アルコール度数:0.00%/カロリー: 0kcal(100ml当たり)/糖質:0g(100ml当たり)、食物繊維5.6g

総合評価 40/100点
喉越し 40/100点
苦味 40/100点
コク 30/100点

 

 

 

 

 

第12位 サントリー 《オールフリー コラーゲンリッチ》

女性をターゲットにしたオールフリー。カロリーゼロ、糖質ゼロ、プリン体ゼロはオールフリーと同様。そこに加えて、コラーゲンが2000mg入っているのが特徴。

サントリー 《オールフリー コラーゲンリッチ》
パッケージにはポップの絵がたくさんうつっているが、特にポップ感は感じない。オールフリーより酸味が強く、味だけで言えばオールフリーの方が美味しい。でもコラーゲンが入ってるのは嬉しいし、飲み物としては悪くない味。

アルコール度数:0.00%/カロリー: 0kcal(100ml当たり)/糖質:0g(100ml当たり)

総合評価 20/100点
喉越し 20/100点
苦味 20/100点
コク 20/100点

 

 

 

 

 

第13位 サントリー《オールフリー ライムショット》

オールフリーのライムテイスト。カロリーゼロ、糖質ゼロ、プリン体ゼロはオールフリーと同様。

サントリー《オールフリー ライムショット》
コロナみたいなイメージなんでしょうね。ただ、味は全然違いますね。芳香剤のような感じがしてしまい、あまり好きになれませんでした。ちなみにライム果汁は入ってません。

アルコール度数:0.00%/カロリー: 0kcal(100ml当たり)/糖質:0g(100ml当たり)

総合評価 10/100点
喉越し 10/100点
苦味 20/100点
コク 10/100点

 

 

 

 

 

まとめ

如何でしたでしょうか?このエントリーをきっかけに沢山のノンアルコールビールを飲みましたが、世の中にはまだまだ沢山ノンアルコールビールがあるみたいですね!

みそじ男は、ブローリー《プレミアムラガー》を暫くは箱買し続けることになりそうです!みなさんも、美味しいノンアルコールビールがあれば是非教えて下さい!

それではー

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

野菜

薬に頼らず潰瘍性大腸炎を治す ~その2 食事療法編~

unhappy

潰瘍性大腸炎(UC)患者に贈る ストレスへの3つの向き合い方

腹痛写真

『4つの下痢』に要注意 潰瘍性大腸炎の可能性があるかも

潰瘍性大腸炎は完治するのか

計算機と家

潰瘍性大腸炎患者でも団信(団体信用生命保険)に加入できるのか その8 ~LIFU...

保険と家

潰瘍性大腸炎患者でも団信(団体信用生命保険)に加入できるのか その2